委員会組織図

HOME > 委員会組織図

クラブ奉仕委員会

基本方針

 国際ロータリーのラシン会長は、2018-19年度テーマを「インスピレーションになろう」と発表しました。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブやほかのロータリアンに与えてください」と語っています。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こすときです。
 
本年度小松東ロータリークラブの松井会長のクラブスローガンは、『それ、うちのクラブのみんなでやります』と宣言されました。この精神は小規模クラブであっても、会員同士をよく知り太い絆で協力しあうことで、これまでラオス事業やこまつ歌留多大会等様々な事業を小規模クラブでも成し遂げることが出来た我がクラブの特色ともいえます。また、会長方針にある「真に、人を感動させたり、心を熱くさせるのは、ロータリアンの行動そのものだ」と奉仕活動のスタートをきりました。
ロータリークラブの「クラブ奉仕」について、ロータリークラブ定款では、「クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員がとるべき行動に関わるものである」と記述されております。これを企業組織に例えてみますと、職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕は、営業を担当する部門であり、クラブ奉仕はその営業部門を支える管理部門に相当すると言えるのではないでしょうか。企業では営業部門と管理部門がお互いに支え合いながら、企業としての最大の成果が得られるように、運営を図って行きます。
本年クラブ奉仕委員会においても同じ様な役割が期待されています。 小クラブでも素晴らしい事業が展開できるよう、関係委員会と連携を図って取り組んでいきたいと思います。
関係委員会の皆さまのご協力をお願いいたします。

 

事業計画

奉仕事業を支える関係委員会の連携事業
 

実施日


適時
 

クラブ奉仕委員会(出席)

基本方針

例会への出席はロータリアンとして基本であり義務でもあります。クラブの活性化および会員同士の親睦を深めるために出席率向上は必須であり、会長・幹事をはじめ各委員会の皆様と協力しながら、出席率向上のため活動したいと思います。

事業計画

1.毎月のホームクラブ出席(100%)表彰
2.皆出席表彰(年間)
3.出席向上のための標語募集
4.出席率向上のためのメークアップ推進







 

実施日

毎月第1例会時
 
7月

クラブ奉仕委員会(親睦活動)

基本方針

本年度のクラブスローガンは「それ、うちのクラブみんなでやります。」です。
ロータリークラブの本質は、職業奉仕や社会奉仕にありますが、それをみんなでやるために、会員の親睦を図ることは、やはり大事です。職業奉仕や社会奉仕の原動力となるべく、親睦委員会は活動します。


 

事業計画

・小松シティRC合同観月例会(ホスト:小松東)
・例会2000回記念例会
・家族レクリエーション
・クリスマス家族例会
・3RC新春合同例会(ホスト:小松シティRC)
・観桜例会
・会員誕生祝・配偶者誕生祝


 

実施日

911日(火)
918日(火)

1222日(土)
112日(土)
49日(火)
毎月第1例会時


 

クラブ中期目標


 

クラブ奉仕委員会(プログラム)

基本方針

会員にとって、ロータリーでの時間を最も多く過ごすのが例会です。クラブに活力を与えられるようなプログラムの立案を心がけ、充実した例会を図ります。
「それ、うちのクラブのみんなでやります。」と掲げられた会長方針の基に会員一人、一卓話者候補の紹介を目指し充実した参画型例会を検討し進める。 

事業計画

1.会員1人一卓話者候補の紹介、募集
2.プログラム卓話案の集計と層別
3.年間プログラムの作成
4.卓話候補者の募集
  
卓話者への御礼

 

実施日

7月
7月
8月
全期

 

クラブ奉仕委員会(広報・会報・雑誌)

基本方針


今年度の地区活動方針である「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」は当委員会にとっても意義深いものと考えます。
我々自身がその一員であるロータリークラブのことを「もっと知りたい」と思えるようなキッカケづくりと、我々小松東ロータリークラブの活動をロータリー内外の人々へ広く届ける情報発信に努めます。
また、上記目標にもっとも有用と思われるSNS(Facebook、グループLINE)について、その紹介と準備に努め、できる限り多くの会員による運用を目指します。

 

事業計画

・毎回の例会を充実するべく、必要な話題を提供する。
・ホームページとSNSを利用して積極的な情報発信に努め         る。
SNSによる情報収集と情報発信に向けて、その紹介と準備を行い、常時運用を目指す。
・隠れたベストセラーと言われる(揶揄されている)「ロータリーの友」にもっと興味を持ってもらえる工夫とキッカケづくり。

 

実施日

随時
 

職業奉仕リーダーシップ委員会

基本方針


ロータリーの根幹である職業奉仕は、昨年度から地区でも「各クラブにおける職業奉仕の勉強会の実施」に力を注いできました。
魅力的な意味のある勉強会を進めると共に職業上の高い倫理観を持ち、役立つ仕事はすべて価値のあるものと認識するよう心がけたいと思っています。
松井会長スローガンのように、会員全員での活動ができればと考えますので、どうか御協力の程よろしくお願いいたします。


 

事業計画

小松大谷高校(模擬面接) 
公立小松大学(職場例会)
クラブフォーラム(職業奉仕月間)
職業奉仕勉強会の実施
※例会以外の夜で参加できるかたのみ

実施日

8月20.21.22
未定
1月予定


 

社会奉仕委員会

基本方針

 松井会長は今年度のクラブスローガンを「それ、うちのクラブのみんなでやります」と掲げられました。
 そこで、本年度は会員全員が奉仕活動に参加することによりみんなで楽しめる活動計画を立案します。会員相互が協力して楽しく活動する時間を共に過ごすことにより、会員であることの満足感と誇りを持てるようになると信じて。
 

事業計画

1.こまつかるた大会
 ・小松大谷IACとの共同奉仕
 ・粟津演舞場
 ・大学生との協調
2.自生園交流例会
 ・こばと保育園との連絡連携
 ・餅つきへの積極的参加
3.ふれあいぬくもり展
4.その他、青少年奉仕委員会等と協力し
  他の奉仕活動の支援に取り組みます。


 

実施日

1111日(日)
1211日(火)
3月予定


 

国際奉仕委員会

基本方針

会長のスローガン「それ、うちのクラブのみんなでやります。」の基、メンバーと共に事業構築・実施していきます。

 

事業計画

ラオス支援の調査・実施
ロータリー財団、米山奨学会への協力と理解
IACとの募金活動

実施日

通年


 

青少年奉仕委員会

基本方針

本年度松井会長は「それ、うちのクラブのみんなでやります。」を提唱されました。当委員会は青少年にも、この思いを理解していただき、みんなで奉仕する楽しみや喜びを青少年と共有していきたいと思います。
ロータリアンは青少年を、青少年はロータリアン(大人)を理解し青少年奉仕を発展させる。

 

事業計画

IACクラブ活動費贈呈
IAC年次大会 
こまつかるた大会(社会奉仕合同)
合同例会(活動報告)
青少年奉仕月間
IAC地区協議会

 

実施日


7月
8
11
2
5
6月

 

会員増強委員会

基本方針

元気なクラブを維持するためには会員増強は必須であります。
クラブスローガン「それ、うちのクラブみんなでやります。」の通り、会員を増やすことと退会を防止することを全会員に受け止めていただき「1人が1人の増強」を目標にして戦略を考え行動していきます。

 

事業計画

1.会員増強について
  全会員が「1人が1人の増強」を念頭に候補者を探す。東クラブ
  のPRBOOKを作成して候補者に配布し理解を得る。会員同士
  情報交換をする。 

2.退会防止について
  例会での声掛けを心がける。
  同好会を利用して長期欠席者とのコンタクトを取る。
3.前期に家庭集会を行う。



 

実施日

1.適時
2.適時
3.12月までに

 

会場委員会

基本方針

会員の交流の場である例会場を楽しいものにし、互いの事業や専門職に関する情報を交換し、自らの事業活動及びクラブ活動の活発化を意図するものであり、そのための会場の設営を種々工夫する。 
 

事業計画

・ 会員の交流の機会を増やすため座席は従来のメインテーブルを
   除いて、原則毎回異なるテーブルとする。また他に委員会構成や
  
関連業種構成なども試みたい。
・ ゲストに敬意を称する意味も含め、氏名、読み方、演題などの誤
 
字脱字などに気配りをする。 
・ 「入りて学び、出でて奉仕せよ」の標語を会員が目に付きやすい  

  方法で掲示し、会員一人ひとりがロータリーについての思いを深
  くしてもらうよう図る。  

実施日

通年

クラブ活性化委員会(戦略)

基本方針

クラブ活性化委員会は10年を経過し、新たな1歩を踏み出す時期を迎えました。この委員会の最大の目標は中・長期的クラブのビジョンを議論しあい、共有して、クラブ全体の活性化を目指すものです。
昨年度実施した、クラブ活性化委員会アンケートの会員一人一人の声を大切にし、あらゆる角度から「将来の東クラブ像」をみんなで考えていけたらと考えます。

 

事業計画

1.月1回の定例委員会

2.クラブ会員増強ビジョン
   創立45周年45名 50周年50名実現へ
   (増強委員会と連携)

3.クラブ事業改革ビジョン
   (1)ラオスの子どもたち支援事業改革
   (本年度重点改革ビジョン)
   (2)その他現行事業精選改革(継続か終結か、発想の転換と工夫など)

4.クラブリーダーシップビジョン
  (1)ロータリーを学ぶ。東クラブを知る。計画的な機会を与える。
   (家庭集会運営との連携)
  (2)各委員会と連携
  (職業奉仕とは?社会奉仕とは?国際奉仕とは?例会ロータリーの親睦活動とはなど)意義や
 意味を考える機会を提供。 

5.クラブ運営改革ビジョン

 

実施日

原則第1水曜日

メインメニュー